スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

レーシック素朴な疑問と基礎知識

レーシック手術ここ最近ではもう耳慣れた言葉になりつつありますね

レーザーで近視を治すテクニック


でも知っているようで基礎知識不足の方は是非参考にしてくださいね。


 (レーシックの素朴な疑問の内訳) 

1.レーシック手術の近年の動向

2.レーシック手術は簡単?

3.スーパーイントラレーシックとイントラレーシック違い

4.老眼を治すレーシック手術とは

5.品川近視クリニック銀座院の人気度は!?

6.日本と海外どちらがレーシック手術安いの


質問:1
レーシック手術の近年の動向を教えてください。

回答:1
日本では2000年に厚生労働省が認可してから
急激に患者数が増加していて
2006年には10万件
2007年には約20万件
2008年には約20万件以上

米国では年間130~140万件位行われていますから
将来的には日本でも100万件位にまでいくかと予測されています。

近視の対策として
今まではメガネまたはコンタクトレンズでしたが
レーシックが選択肢に加わりつつある



質問:2
レーシック手術は簡単なのか?時間は?

回答:2
レーシック手術は
すでに手術としての完成度が高く
トラブル発生も少なく安全性が高い手術だと考えられています。
眼の手術と聞くと…  どうしても 大げさな外科手術を想像してしまって
しり込みする人も多いと思いますがレーシックは違います。


現在レーシック手術は
ハイテクノロジーな装置による全自動の手術になっており
ものの10分間ほどで終わりますし、痛みや出血もさほどありません。

そして手術による成果のバラツキもあまりありません。
驚くほどの短時間の手術ですぐに見えるようになるので、皆さん驚かれます。



質問:3
スーパーイントラレーシックと、イントラレーシックの違いは?

回答:3
イントラレーシックとは
角膜の表面をめくりフラップ(ふた)をつくるのを
レーザーで行う方法の総称です。

コンピューター制御のミクロン単位で調整できるレーザーで行うことで
なめらかな切り口でミスの少ない作業(手術)を行うことができます。

人為的な作業で行うよりももっと安全性と安定性が高くなるのです。

スーパーイントラレーシックとは
最新型のイントラレースFS60レーザーと
最高級のエキシマレーザーを装備して行われた手術のことです。



質問:4
老眼を治すレーシック手術とは?

回答:4
老眼を治すレーシック手術は
米国でもまだ研究段階であり
将来的には老眼も治せるようになるのではないかと期待されています。



質問:5
品川近視クリニック銀座院
月間1万人以上の患者数と聞きましたが…
それだけ多くのの患者数を正確に治療するシステムが整備してあるのでしょうか?

回答:5
品川近視クリニック銀座院には
約100名の医師がおり、ローテーションを組んで
年中無休の体制で患者の治療にあたっています。
品川近視クリニック銀座院はの規模は
眼科クリニックとしては世界最大級です。

普段休暇がとれない患者も年末年始(元旦、大晦日)まで診察が可能。
品川近視クリニック銀座院は万全の体制を整えています。



質問:6
日本と海外どちらがレーシック手術安いのか?

回答:6
品川近視クリニック銀座院では
すでに両眼で20万円を切るような料金設定となっています。
日本で受けたほうがレーシック手術の質も高く
海外よりも安いといえるんです。
数年前は、韓国など海外へ渡航して手術を受けたほうが安かったのですが…
今は中国や韓国などから
患者が品川近視クリニック銀座院にレーシック手術を受けに来ています。
米国でも50万円位の治療費なんですよ。


品川近視クリニック青山勝院長(銀座院)Q&A改編


米国でも50万円位のレーシック手術が
日本のレーシック手術は両眼で20万円を切るの!?

わずらわしいめがねやコンタクトから開放されるのなら
一時的な出費はかさむものの…レーシック費用ずいぶん安くなりましたねぇ。
もっと安くなれば、レーシックは大ブレイクするかもしれません。


♪応援よろしくお願いします


にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
スポンサーサイト
11:02 : レーシック素朴な疑問と基礎知識トラックバック(0)  コメント(1)
レーシック手術は両眼で20万円弱なんですね。
もっと高額な費用が必要なのかと思ってました。

応援☆

2008/07/18(金) 11:25:44 | まなみ │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。