スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

レーシック手術前に眼科専門医選びのポイント!

レーシック眼科専門医眼科病院選びの3つのポイント


近視・乱視・遠視でレーシックなどの
視力矯正手術を受けようかと迷ったりしている検討中の方は
実際にはどこで手術を受けたらよいのか?


どのような観点で専門医を選べばよいのか?
本当に迷うところですよね…

資格や経験、実績、費用などの観点から
事前に何を確認して判断したらよいのかをとりあげてみます。


事前情報は
各病院の発行しているパンフレットやホームページまた一般的な関連サイトから収集することができます。



専門の資格や手術の実績がある医師がいるのかをまず確認しましょう


視力矯正手術は繊細な技術を必要としますので
高度な知識とテクニックを持った
よい眼科専門医や病院を選びでレーシック手術を成功させたいものです。


まず眼科専門医選びの際には、所属する医師の状況を把握することが一番です。


もちろん眼科専門医の資格を取得していることが基本です。
そのうえ視力矯正手術トレーニングを受けた執刀医が
何人いるのかも確認しておきましょう。

視力矯正手術について
その医院や医師の経験年数も一緒に聞きましょう。



その病院の症例数を把握すること
レーシック手術に代表される視力矯正手術について
どの程度の経験と実績を積んでいるかは特に重要です。


公表されている最新の症例数をみれば
その病院と所属する眼科専門医たちの手術の経験値や
頻度がある程度は確認できます。


症例数は
二種類の単位で示されていて病院によっては違った表現があります。
ひとつには累計○眼(1眼単位で、両眼で2眼と数える)と示す
もうひとつは1眼にしろ、2眼にしろ、
ひとり1回あたり1件とした累計件数で示しています。


1日あたりの手術件数を公表しているところもありますから
どのくらい頻繁に手術がおこなわれているかの把握もできます。


ちなみに
昨年度公表されている日本でのレーシック手術症例数は3万5千件ぐらいだそうです。



レーシック手術前後の諸費用を含めて、総費用を事前に調チェックしておきましょう
手術を受けるためには
レーシック手術以外にも様々な費用がかかり
病院によって料金設定も異なりますので、事前チェックが必要ですね。


たとえば
カウンセリング費
適応検査代
手術代
定期検診代
薬代などを合算してある程度の総費用の見積もりもしておくことです。


特に
レーシック手術代も片目単位なのか?
両目単位なのか?
の確認も重要です。


メガネやコンタクトから解放してくれる…ありがたいレーシック手術
ですが…正しい情報を集め、専門医から充分な情報提供を得て


よくご検討と納得して、
最終的にはご自身の判断と責任でレーシック手術をお受けください。


♪応援よろしくお願いします



スポンサーサイト
12:19 : レーシック眼科専門医選びのポイントトラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。