スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

レーシック(LASIK)PRK(ピー・アール・ケー)LASEK(ラセック)話題の視力矯正手術

レーシック(LASIK)PRK(ピー・アール・ケー)LASEK(ラセック)話題の視力矯正手術

レーシックを代表とする
レーザーによる視力矯正手術
主に近視などの視力矯正手術では
レーザーを使うレーシックがもっともよく知られています。

レーシック手術を受けられない代表的を挙げてみると


・20歳未満の人(基本的に)

視力の安定しない未成年者は手術できないため。

・角膜の厚さが不十分な人。
・不正乱視の方。円錐角膜
・眼科疾患がある人。(白内障、緑内障、ぶどう膜炎、網膜疾患など)
・重篤な疾患のある人。(糖尿病、膠原病、アトピー性疾患など)
・妊娠中あるいは授乳中の方。
・医師のインフォームド・コンセントを充分理解・納得できない人。




LASIK(レーシック):Laser insitu Keratomileusis

プロゴルファーのタイガー・ウッズ
LASIK(レーシック)
手術を受けたことも話題になり
認知度が高まった技術です。
アメリカではすでに約150万人以上が施術を受けているそうです。
日本では昨年度、約3万5千件の手術が行われたことが公表されています。

LASIK(レーシック)手術は

角膜表面を薄く削り一辺だけ角膜と
つながったフラップ(蓋)をつくってめくり、
角膜に※エキシマレーザーを照射し
角膜のカーブを変えて近視・乱視・遠視を矯正する
レーザー角膜内切削形成手術です。

※エキシマレーザーとは:目に見えない短い波長のレーザーで
角膜にふれるとエネルギーを放出し、照射した部位だけ、
角膜のカーブを変えることができます。



PRK(ピー・アール・ケー):Photorefractibe Keratectomy

レーシックのように角膜上皮をめくらず
角膜表面から直接エキシマレーザーを照射します。
その後に保護用にコンタクトレンズを装用して3日後ぐらいに外します。

PRK(ピー・アール・ケー)手術は
例えばボクシングなどの格闘技で
常に眼球に衝撃が加わるような人には
フラップ(角膜上皮のめくる部分)が
ズレたりしないというメリットがあります。
またPRK(ピー・アール・ケー)手術は厚生労働省が承認しています。



LASEK(ラセック) :Laser Epithelial Keratomileusis

LASEK(ラセック)は
レーシックとピー・アール・ケーの中間のような手術です。


ラセックは角膜表面の薄い層を剥いでから
エキシマレーザーを照射します。

アルコールを用いて
角膜上皮のみをフラップ状にめくり
レーシック(LASIK)PRK(ピー・アール・ケー)と同様に
エキシマレーザーで角膜のカーブを変えて上皮を戻します。

LASEK(ラセック)技術の利点は?

レーシックによる※フラップよりも浅い層でめくるので
ラセックでは、手術後の角膜が表面の層で覆われるため
痛みが少ないという点です。



PRK(ピー・アール・ケー)およびLASEK(ラセック)の共通した利点

レーシックをするのに角膜の厚みが若干足りない方でも
適応となる場合があるということが挙げられます。



話題のレーシックですが
安全性と値段(割引)との相談になると思うのですが
めがね不要というのは有難い事だと思いますね
今後日本でも一般的になるでしょうね。


フラップとは:角膜表面を薄く削り、一辺だけ角膜とつながった蓋状の部分のこと


♪応援よろしくお願いします



スポンサーサイト
22:02 : ピー・アール・ケーラセックとはトラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。