スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

VDT症候群にならない為の予防法

VDT症候群にならない為の予防法とは 


■ VDT作業環境をどうすれば… VDT症候群にならない?


 1)光環境の管理

 ・照明(部屋の明るさ、採光、画面の明るさ、手元の明るさの調整)

 ・採光(窓から直接光が差し込み、作業者の目に負担をかけないように)

 ・グレアの防止(窓からの光や、照明の光がモニターに映りこまないように)

 ・適切なモニター画面の明るさ(輝度)の調節

  (一般的オフィス作業であれば100-150カンデラ、最大値の30-50%に下げる)

 

 2)音環境の管理

 ・騒音(VDT機器、周辺機器の騒音を減らす)

 

 3)空気環境の管理

 ・VDT機器からの発熱と気流に配慮し、作業者に悪影響がないように

 ・空調機器からの送風が、作業者の顔や目に負担をかけないように

 ・適度な室内温度、湿度の設定、調整

 


■ VDT作業をどうすれば… VDT症候群にならない?
 

 1)目の疲れを予防するために
 

 ・目とモニター画面の距離を、40~70センチ離すようにする

 ・画面を見下ろして作業する(10~15度)ようにモニターを設置する

 ・室内と明るさと、モニター画面の明るさ、作業面(デスク)の明るさの調整
  をはかり、差があまりでないようにする

 ・モニター画面にグレアが映りこまないようにする

 

 2)首・肩・腰のこりや痛みを予防するために

 
 ・適正な姿勢でVDT作業する

 ・首をまげて、頭を前傾させないようにする

 ・肩や腕に無理な力がはいらないようにする

 ・背中を曲げず、椅子の背もたれにつける

 ・出来るだけご自分にあった椅子の高さを調整する

 ・椅子のクッションを適切な硬さにするようにする

 ・足裏が地面にしっかり設置するように、必要ならばフットレストを使う


■ VDT作業に適切な姿勢 VDT症候群予防 VDT作業時間

 

長時間不自然な姿勢を続けていると、無理な負担が体にかかり
肩こり、腰痛、目の疲れをまねきます。

 

<目> ディスプレイ画面から40-50cm離す。
    視線は、少し画面を見下げるようにディスプレイを配置する。

<首> 前傾しないようにする。肩も力を抜いて、出来るだけ丸くならないように。

<腰> 椅子の背もたれに体重をかけられるように調節し、安定感をもたせる。

<脚> 安定して足裏が地面につくように調節。脚を組むと
    血行不良や姿勢のバランスがくずれる要因になります。


VDT症候群にならない為の予防法は

長時間不自然な姿勢をとらないこと
ディスプレイ画面から40-50cm離すようにする

適正な姿勢を保つようにする
長時間ディスプレイ画面を見つづけないこと


眼は大切にご自分で注意を払って
VDT症候群にならない為の工夫を心がけてください。

スポンサーサイト
11:33 : VDT症候群の予防法トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。