スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

VDT症候群とは?VDT症候群の症状とは?

VDT症候群とは?VDT症候群の症状とは?

VDTとはなんでしょうか?
VDTとは、Visual Display Terminals の短縮形
表示画面を持った情報端末のことです。

わかりやすいのがパソコンのモニターですが、テレビ、ポータブルゲーム、携帯電話、電子辞書などもふくまれます。
多くのデジタル機器には、このVDT部分が付属し、入力操作するようになっています。
 

VDT症候群とはなんでしょうか?
VDT作業による健康トラブルの総称で、眼症状、運動器症状、精神神経症状、電磁波の影響があるといわれています。


一般的なVDT症候群の症状として
目の疲れ、肩こり、頭痛、腰痛、腕や手首の痛みなどを感じることはありませんか。
こうしたいわゆる「パソコン病」は、程度の差はあれ、パソコンワーカーの共通の悩みとなり、いまでは社会問題にもなりつつあります。

 

VDT作業とは
長時間同じ座ったままの姿勢で、モニター画面を注視し、
キーボードやマウスを操作する拘束的な作業です。
その結果、眼や上半身の疲労を招きやすいのです。
また、操作をしながら、情報処理スピードや高度な判断を要求されるので、精神的な疲労も招いてしまいます。
ある程度休息をとりリラックスが必要です。
 

VDT作業の疲れや不快感を、病気や損傷に発展させないための、適切なVDT作業方法や、作業環境づくりが重要です。個人のパソコンワーカーも、日々自主的にできるVDT予防方法や、VDT解消方法を身につけて、VDT症候群になりにくい環境にしたいものです。


VDT症候群の症状とはなんでしょう?

VDT症候群の各症状は、検査に現れにくく、自覚症状によるものが多いので客観的な健康影響評価が難しいといわれています。VDT症候群の症状はまた、体質や体調、年齢や性別によっても症状の現れ方に違いがあり、個人的要因に大きく影響されます。一般的な症状が、明らかな病気や損傷に進行しないようなVDT症候群対策が非常に大切です。


 

おもなVDT症候群の症状

 (1)眼症状

 一般的な症状: 眼の疲れ、痛み、充血、かすみ、乾き、視力低下など

 

 <関係のある眼科的健康障害>

 眼精疲労、テクノストレス眼症、ドライアイ、屈折異常の進行など
 

 (2)運動器症状

 一般的な症状: 肩こり、首のこり、首・肩・腕の痛みやだるさ、手指のしびれ、腰の痛みなど

 

 <関係のある整形外科的健康障害>

 頚肩腕症候群、肩腱板症候群、頚椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、

 肘部管症候群、腱鞘炎、腱炎、腱周囲炎、手根管症候群、上腕骨外側上

 顆炎、上腕骨内側上顆炎、ドケルバン症、など


 
 (3)精神神経症状

 一般的な症状: 頭痛、不眠、無気力、疲労感、食欲不振、イライラ、抑うつ症状など

 (4)電磁波の影響

VDTの導入当初、ブラウン管から漏れる電磁波が、身体に悪影響を及ぼすことが懸念された。症状としては、白内障、異常妊娠、異常出産、不妊、自然流産、発疹など。

 

現在、VDT機器からもれる電磁波は低レベルであり、身体に影響を与え、健康障害を及ぼす明らかな臨床的データは報告されていません。今後の調査研究の成り行きを見守る必要がありそうです。

 

 (5)内科的健康障害


 <関係のある内科的健康障害>

 自立神経失調症、電子血栓症、低血圧症




VDT症候群にかからない予防は
やはり長時間モニターを凝視しない
同じ姿勢を長時間続けないこと


適度な休息と軽い運動で…ストレスを緩和してください。

少し気になるのならば早めに病院で相談しましょう。

スポンサーサイト
10:21 : VDT症候群とは?トラックバック(0)  コメント(1)
VDT症候群にかからないための予防…
・長時間モニターを凝視しない
・同じ姿勢を長時間続けないこと
気をつけないといけないですね。

応援☆

2008/08/19(火) 23:21:46 | 愛美 │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。