スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

老眼対策とレーシック手術

老眼対策とレーシック手術

老眼(老視)とは
物体が以前より見えにくくなる状態の1つである。

物体をはっきり見るためには、
光の焦点を「網膜」で結ぶ必要があり
水晶体を膨らませることで焦点を合わせている。

年齢とともに水晶体の弾力性が低下し、
焦点を合わせる力が衰えていくことが原因とされてる。

要は近くの物が見えにくいのであるが、遠くに離すと見えやすくなる状態

小さな細かい文字を読みにくく目が疲れやすい等の症状が見られる。



老眼が現れる年代は?
個人差があり、早い場合は40歳頃から始まる。


老眼そのものを治療することはできないが
自分の目に適合した眼鏡やコンタクトレンズを使用することで
快適な日常生活を送ることができる。


老眼対策として
また、眼精疲労を避け、目や体全体の健康に気をつけることによって
老眼を遅らせることは可能。


老眼進行状態によって
手術(レーシック等)による治療法もあるが、
レーシック手術でのメリットとデメリットを十分に把握することが大切。


「近視の人は老眼になりにくい」という説があるが…
「近視の場合は老眼になったことを自覚しにくい」と表現する方が正しい。


疲れ目は老眼化現象かも!?
疲れ目は仕事にも悪影響
毎日パソコンに向かってお仕事している方
木曜や金曜など週も後半になると、目の調子がよくないと感じることはありませんか?


近距離の対象物がかすんでしまう

遠距離の対象物がいつもより見えにくい

痛みや重みなど目の疲れを感じやすくなっている

目が乾きやすい(ドライアイ)

もしこんな状態なら、あなたも週末老眼化現象といえるかもしれません。

週末老眼化現象とは、
毎日の長時間パソコンワークなどで目を酷使していくと
週の後半になると睡眠などによってもピント調整能力が回復せず
「老眼状態」になってしまうことです。


これは中高年に限らないことで
「老眼なんて、まだまだ」とお考えの20~30歳代の方人ごとではないのです。

とにかく目を酷使する職業の人は要注意ですね
1時間に1回は目の為に目をやすませてくださいね。


♪応援よろしくお願いします


にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
スポンサーサイト
11:37 : 未分類トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。