スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

レーシック(LASIK)後の合併症・後遺症について

レーシック(LASIK)後合併症・後遺症について

レーシック(LASIK)は素晴らしい視力回復近視手術のですが
様々な問題を抱えているのも事実です。


視力回復近視手術の最も重い合併症は角膜移植です。

レーシック(LASIK)の増加で角膜移植の後遺症報告が増えています。

レーシック(LASIK)後の合併症として角膜拡張症(円錐角膜)があります。

薄い角膜で強い近視の矯正にレーシック(LASIK)はむずかしいのです。
また角膜の弾力性が弱い場合にはある程度の危険も伴います。


レーシック(LASIK)後に生じるドライアイの可能性

角膜を切ることによって神経が遮断されてしまい
角膜表面が乾きやすくなる傾向があります。
点眼薬によっての治療が可能です。

レーシック(LASIK)再手術の可能性
強度の近視やレーザー照径を小さくして手術した場合に生じる可能性があります。
レーシック(LASIK)再手術で対応します。

 
角膜の混濁
DLKと呼ばれ、フラップの下に混濁が生じることがありますが、
フラップをめくってきれいにする事が可能です。
LASIK後の実質内上皮増殖に対する角膜上皮除去術

夜間に光がまぶしいとか、視界がにじむ現象等
瞳孔の大きさや矯正度数と関連があり
数ヶ月経過するとほとんど良くなります。


不正乱視レーシック(LASIK)後に不均一な照射
傷が癒える過程で稀に発生する場合があります。

ほとんどは時間の経過と共になくなりますが
稀にそのまま持続するケースもあります。
不正乱視の原因としては

フラップ(フタ)のトラブルです
薄すぎるフラップ(フタ)が穴を持つフラップや
フラップのシワ形成の原因となることがあります。
フラップが取れてしまうことがあります。
しかし現在ではマイクロケラトーム(カンナ)の精度も上がり
現在ではほとんど起こらなくなりました。


緑内障の可能性は?

レーシック(LASIK)とは
眼球に陰圧をかけてスライス面を硬くして
カンナ掛けをしてフラップ(フタ)を作る手術ですので
術後は眼圧が上がる傾向があるのです。

対応策として眼圧は点眼薬によって下げることが可能です。


感染症
ほぼ発生することはなく、発生したとしても点眼薬で治癒できます。


♪応援よろしくお願いします

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ

スポンサーサイト
09:05 : レーシック後の合併症・後遺症トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。