スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

レーシック視力を復活視力矯正手術とは

レーシック視力を復活視力矯正手術とは…

メガネやコンタクトをお使いの方にとって、
近視や乱視や遠視を治して、裸眼ですごせることができればいいのにぃ…
とお思いの方も多いのではないでしょうか。

視力矯正手術レーシックは約20分程度の手術で、
1.0以上の裸眼視力を取り戻すことも可能だというのです。


レーシックに代表される視力矯正手術は、
とても魅力的なのですが、目を手術するとなると、少し不安もありませんか?



自分に合った治療を受けるために…
視力矯正手術の手術を受ける前に知っておきたいことをまとめてみました。



視力矯正は希望の治療を選ぶ必要があります
視力矯正の治療には、いくつかの手術方法があります。


どの視力矯正の治療法を受けるかどうかは、
眼科専門医の検査やカウンセリングを受けながら、
自分の年齢、角膜の厚さ、現在の視力の状態、
手術後に希望する視力に合った治療を選ぶ必要があります。



20歳未満、40歳代以上、60歳以上の視力矯正希望者は要注意です


一般的に20歳未満は、
視力がまだ不安定のため、レーシック手術が受けられません。
※クリニックによっては18歳未満のところもあります。


40歳代以上の場合の問題
すでに老眼になっている場合は老眼を治すことはできません。
しかし、代表的な視力矯正手術であるレーシックという
手術以外の方法をとることも、可能性があります。



60歳以上ですでに白内障が存在しているときには、
保険適応白内障手術をして近視も治すことも可能です。


手術の適応性のポイント
角膜の厚さです


レーシックなどのレーザーによる視力矯正手術では、
角膜の厚さは重要なポイントになるのです。
それは適応検査によって、視力矯正手術の可否が判明します。



視力矯正手術は
角膜にレーザーを照射して精密な加工を行い
角膜の形状を変えることによって屈折値を変化させることによって
近視や乱視を治療します。

そのため
角膜の厚さがあまりない人の場合は
治療が出来なかったり、レーザー治療後の
裸眼視力をあまり回復できない場合もあります。

具体的には、
角膜の中央部の厚さを測定し角膜の形状保持に最低限必要な厚さを
手術後に400ミクロン(μm)残せるかどうかが基準です。


ちなみに1ミクロンとは
1mmの千分の1です。


角膜の厚さの薄い人がレーザー照射によって、
400ミクロン(μm)より薄くなると、円錐角膜の発症を招くため、
避けなければなりません。


また
適応検査では、角膜の厚さ以外に
角膜形状解析や角膜曲率半径測定や角膜内皮細胞検査なども行われます。

スポンサーサイト
11:38 : レーシック矯正手術とはトラックバック(0)  コメント(1)
車の免許更新時のみメガネ使用でギリギリ0.7
普段は何もしないので^^
0.1の視力から0.7の視力に変わると見える世界まで変わったりしますしね^^

視力矯正手術レーシックで1.0以上の裸眼視力
になると、きっと今見えているものがすべて明るくなりそうですね。

応援☆


2008/07/12(土) 17:19:14 | まなみ │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。