スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

VDT症候群にならない為の予防法

VDT症候群にならない為の予防法とは 


■ VDT作業環境をどうすれば… VDT症候群にならない?


 1)光環境の管理

 ・照明(部屋の明るさ、採光、画面の明るさ、手元の明るさの調整)

 ・採光(窓から直接光が差し込み、作業者の目に負担をかけないように)

 ・グレアの防止(窓からの光や、照明の光がモニターに映りこまないように)

 ・適切なモニター画面の明るさ(輝度)の調節

  (一般的オフィス作業であれば100-150カンデラ、最大値の30-50%に下げる)

 

 2)音環境の管理

 ・騒音(VDT機器、周辺機器の騒音を減らす)

 

 3)空気環境の管理

 ・VDT機器からの発熱と気流に配慮し、作業者に悪影響がないように

 ・空調機器からの送風が、作業者の顔や目に負担をかけないように

 ・適度な室内温度、湿度の設定、調整

 

 ...続きを読む
スポンサーサイト
11:33 : VDT症候群の予防法トラックバック(0)  コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。